読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

お多福のわが母

今日は母の誕生日。母に関する切り抜きを載せてみた。※以下、「情(こころ)を育(はぐく)む」(親子で読みたい教育の話)より一部引用。 話は変わりますが、以前、高校生が国語の授業で綴った一行詩「父よ母よ」が評判になりました。○母よ! あなたは嫌味…

命懸け 貫き通した愛

『地球人間模様 @LOVE』駆け落ち(アフガニスタン) 部屋を出る時、父は何も言わなかった。そっと屋根に上ると、月明かりの中、村外れの丘に懐中電灯の白い光があった。今だ。屋根を下りて夢中で光に向かって走った。懐中電灯を手に暗闇の中に立っていた…

爺様支える老猫

『動物病院の四季6』ヒゲ獣医師の診療日誌 夏の最後を焼き尽くす太陽が朝からまぶしい。爺様(じいさま)がオンボロ自転車をキーコ、キーコと鳴らしてやって来る。老猫のタマは、荷台にくくり付けた段ボール箱から悠々と顔だけを出し、逃げようともしない。…

家族の原風景

『動物病院の四季4』ヒゲ獣医師の診療日誌 澄み渡る青空の美しい朝であった。僕の大好きな鈴木一家が、先週出産したばかりのマルチーズのアイを連れてやって来た。「先生、アイがだいぶ疲れている。点滴してやったらと思ってな」と父さん。「ここんところ毎…

入学式

「今日は小学校の入学式だ」 今朝、新聞を読んでいると誰に言うわけでもなく口を衝いて出た。 するとそれに応じるように、 「あーそうか、母ちゃんも入学式のとき、写真撮りに行ったなあー」 室内の物干し竿に洗濯物を掛けながら、間もなく古希の年齢に達す…