朴念仁の戯言

弁膜症を経て

同じ人間なのに

母国を追われ、レバノンに逃げてきたシリアの人たち。

 

ベッドに横たわる年若い男性。

癌になった母親の治療のため自分の腎臓を売った息子。

術後のまだ痛みが続く左脇腹の、斜めに走る30㎝ほどの手術痕を見せ、「母の治療のためだから(臓器売買を)後悔していない」と言う。

 

角膜や心臓、腎臓などの売買を目的にシリア難民の子どもたちは言葉巧みに誘拐され、臓器を取り出されてゴミ捨て場に投げ捨てられるという日常。

 

別の家族が画面に映し出される。

ゴミに紛れて無残な姿で母親に発見された息子。

遺体の腹部には臓器が取り出された手術痕が。

嘆き悲しむ母親。

嘆き悲しむ妹。

妹は12歳前後くらいだろうか。

妹は殺された兄に代わり、年端も行かない姉妹たちを養うため、日銭400円で農家に働きに出る。

この娘を支えるのは、故国に置き去りにされた、平穏な日々の思い出。

 

また別の家族が映し出される。

糖尿病で寝込む母親。

父親は家族を捨て失踪。

長男は強制送還の恐れと行き詰まりの生活から自暴自棄に。

妹は家族の生活のために売春で日銭を稼ぐ。

長男はそれを巻き上げ、酒やたばこに費やし、幼い妹弟や寝込む母親に暴力を振るう。

「お金が入らないと家に帰れない」と泣き伏す妹。

 

コロナ禍でシリア難民への差別が拡大し、働き口もなくなり、自殺者やDVが頻発。

ベイルートの爆発では多くの難民が負傷し亡くなった。

 

昨晩放送されたNHKスペシャル「世界は私たちを忘れた~追いつめられるシリア難民~」を見て言葉を失った。

同じ人間なのに。

同じ人間なのに。

胸の内では何度も何度も同じ言葉が繰り返された。

そして、テレビを見ているだけの自分の無力さにずぶずぶと呑まれていった。

だが、どんなに汚れ切った苛酷な状況下にあっても、一握りの数だけであろうと、人間には善の心が宿っていることを垣間見て救われた。

 

番組の後半で映し出された一人の女性。

彼女は難民キャンプで頼りにされる唯一の存在、光。

これら出口のない不幸な女性たちの声に耳を傾ける。

「強くならなければならない」「(女性たちには)仕事を身に付け、自立してほしい」と、彼女は今、身に付けた裁縫技術で各所へ売り込み、仕事を得ては行き場のない女性たちと共にマスクなど日用品の縫製に取り組んでいる。

定年後の生き方

数年後に定年を迎える。

漠然と定年後の人生を考える。

定年後の75歳までを「黄金の15年」と言うらしい。

思い描いた、理想通りの素敵な生活を送ることができるなら黄金色にもなるだろうが、他人より秀でた才能、才覚もなく、また、何ら努力もしていない私には錆色の人生が目に見えている。

 

改正高年齢者雇用安定法により、2025年4月から全ての企業に「定年制の廃止」「定年の引き上げ」「継続雇用制度(再雇用制度)」など、いずれかの導入が義務化される。

少子高齢化に拍車がかかる数年後を見据え、年金の満額受給開始年齢の引き上げ(65歳から70歳へ)の議論も本格化することだろう。

 

「死ぬまで働け」

そんな社会に流され、人生を振り返る時間も、人生の意味を考える時間も持たずに、心亡くして日々忙しく働くなんて真っ平ご免だ。

自分が望む、やり甲斐ある仕事ができるなら話は別だが、金のためだけにやりたくない仕事に就き、あるいは再雇用を甘んじて受け、嫌気が差す人間関係に我慢し、死ぬ間際まで大小のストレスを抱えて働きたくない。

正直、今すぐにでも仕事は辞めたいが、定年までは自己錬磨、人間修行のための習い事と割り切り、我慢代として月謝(給料)をいただく。

 

定年後は好きなように生きる。

我慢しない。

したくないことはしない。

必要以上に他人とは関わり合わない。

一般的生活水準なぞ度外視して金がなくなればないだけの生活をし、病気になれば無駄なあがきは止めて受け入れる。

 

定年後に何年生きられるか、何の保証もない。

一日でも長く、自分の思い通りに生きられる生き方をしたい。

移ろい行く季節に人生を重ね、自然を愛で、動物や植物や虫を友とし、錆は錆でも「さび」ある人生を。

西行の和歌に通じる感性を失うことなく。

 

きりぎりす 夜寒(よざむ)に秋のなるままに  弱るかこゑの遠ざかりゆく

 

カレーライス

昨晩、うんこカレーを喰わされた。

父方の伯母が作った。

うんこカレーは丼ぶりに山のように盛られ、手にした時、その重さにたじろいだ。

丼ぶりを受け取った私を、伯母の甥や姪なのか、それとも孫なのかよく分からないが、何人もの子どもたちが取り巻いていた。

特別なうんこカレーの提供を伯母の好意と受け止めた私は覚悟を決めた。

畳の上に胡坐を組み、子どもたちが見守る中、山盛りのうんこカレーにスプーンを突っ込み、一気に口に放り込んだ。

「うっ、やっぱりうんこ」

もうこれ以上のないくらいの渋面を作ってすぐに吐き出し、食べたそうにしていた近くの子どもたちに丼ぶりを突き返した。

口中はうんこの臭いで充満し、おえっおえっとえずき苦しんだ。

どれほどの臭いが口中に残っているのかと、掌に息を少しずつ吐き出して臭いを嗅いでいると、そのままの顔の表情で目が覚めた。

 

昨日の昼めしと、一昨日の晩めしがカレーだった。

そのカレーはまだたんまりと鍋を満たしている。

 

墓を参りて

先日、仕事で先人の墓地の管理状況を確認し、写真に収めることになった。

思い立ったら吉日と、よくよく天気の確認もせず、翌日の昼前後に出向くことに決めた。

その日、梅雨明けの酷暑に閉口しながら、この町の聖域の一つと言われる墓地を目指した。

駐車場に車を止め、そこから400㍍ほど高台にある墓地に向かって歩き始めた。

緩やかな坂を上り始めると、じわじわと汗が吹き出てきた。

墓地前の広場に着く頃にはポロシャツに汗の浸みが大きく広がっていた。

「線香の匂いがしない」

この地には何回も訪れているが、絶えず線香が焚かれ、白い煙が棚引いている筈のいつもの光景がこの日は見られなかった。

ここにもコロナの影響か。

そんなことを思いながら、数10基の墓石に向かってデジカメを構えた。

俗名の右側には戦死、または自刃の文字が刻まれている。

ぷぅーん。

羽音をさせながら藪蚊が寄って来た。

手早く撮影を済ませ、次の目的地に向かった。

 

ここの寺院には入り口まで来たことはあるが、山門を潜り、中に入るのは初めてだった。

本堂の脇に大きな供養碑が立っている。

幕末の殉難者200数十人のものだ。

その少し奥に、幼子から老齢者まで自害し果てた一族20数人の合葬墓が、日差しが樹々に遮られ、陰鬱な空気感が漂う山腹に異界の入口を示すかのように立っていた。

その更に奥には、武士から卑賤な立場に身を落とし、市中で無法に扱われていた戦死者の遺体を懇ろに弔った人物の、黒御影石に白文字で鮮やかに俗名が刻まれた墓が、故人の人柄を示すかのように毅然として立っていた。

この寺院と地続きの山腹には藩政時代の4,000体の遺体が眠っているとも言われる場所があり、ここにも初めて足を踏み入れた。

足場も悪い草藪の中、木漏れ日がスポットライトのようにほぼ無縁仏と化した墓群を、まるで野外ステージの一幕のように照らしていた。

 

次に向かったのは激戦となった町外れの場所。

この寺院にはテレビドラマでヒロインとなった役柄の父親の墓がある。

墓石の俗名の文字は風化して見づらいが、何とか読める。

旧街道の面影を残す風景に当時の戦いの場面を想像するには難しい。

だが、間違いなくこの周辺で未熟だった当時の、同民族による殺し合いがあったのだ。

 

次に町中へ移動し、二つの寺院を訪ねて撮影を終えた。

この周辺も当時は激戦となり、二つの寺院には1,000数百人の遺体が分かれて埋葬されている。

その一つの、寺院を囲む土塀には今も生々しくピンポン玉大の弾痕が残り、その痕を根城に泥蜂が数匹飛び回っていた。

 

昨日、盆前の先祖の墓掃除に、叔母夫婦と妹を車に乗せて隣町に向かった。

ひと雨来そうな空模様だったが、雨に当たることもなく、暑くもなく、草むしりは捗った。

10数基の墓石と水子供養の地蔵、灯篭、墓誌が立ち並ぶ。

風化して解読できない墓石が多い。

墓掃除の序でに叔母が準備してくれた花と団子を供え、皆で線香を手向けた。

胸の内で南無阿弥陀仏を数度唱えた。

帰り道、後部席から叔母と妹が「雨が降らなくて良かったね」「暑くなくて良かったね」と話す声に、墓掃除の責務を終えた解放感、高揚感が感じ取れた。

途切れのない叔母と妹の会話を耳にしながら、ハンドルを手に頭の中では別のことを考えていた。

 

年端も行かぬ我が子の喉元に懐剣を突き刺し、自害した母親。

横皺走るか細い喉元に懐剣を突き立て果てた老婆。

非道の行為を働いた新政府の元役人を追って帰郷の道中を襲い斬殺し、自刃し果てた旧藩士

戒名も俗名も解読できない風化した墓石。

草藪に溶け込み、自然の一部と化した墓石群。

 

実家の墓誌の余白にいずれ刻まれるであろう我が俗名と享年。

今生の 我が骨納め 絶家なるや

 

昭和20年(1945)8月6日午前8時15分、広島市に原爆投下。

同市当時の人口35万人(推定)に対し、死者数14万人(同年末までの推定)。

同年、本日の午前11時02分、長崎市に原爆投下。

同市当時の人口24万人(推定)に対し、死者数7万4千人(同年末までの推定)。

 

各時代における個々の人間の愚かな生き様は、長い年月をかけて修正を繰り返し、後世に想像を超えた驚くべき進化の世界を見せることだろう。

何も彼にもが無に帰すとも人の記憶にあり続ける限り。

それを伝え続ける人の存在がある限り 。

自滅の道から

疫病蔓延、大規模水害、爆発事故・・・。

連日、映画のような世界が繰り広げられている。

いよいよ次は地球外生命体による地球侵略か。

近年における想定外の出来事が、最近そんな馬鹿げたことを思わせる。

映画の見過ぎか。

 

想定外という言葉は、確かホリエモンが使い始めてから一般用語のように頻繁に使われるようになったと記憶しているが、自然も、社会も、人間も、これまでの枠、領域に収まらない、収めることのできない過去の計測や常識を超えた未知の、想定外の領域を、人類は招いてしまったようだ。

良くも悪くも。

そのブレ、振幅は余りに大きい。

 

自然界を見ればよく分かることだが、食物連鎖で成り立ち、均衡を保っている。

だが、何かが作用し、喰うものと喰われるものの数が違ってしまえば、均衡は崩れ、やがて種の絶滅を招く。

その何かの大部分は人類。

無限の広がりを持つ宇宙も同様に、種々様々な天体が一定の法則に従って運動し、均衡を保っている。

それを破れば、淘汰、あるいは自滅する。

これが宇宙の、自然の法則。

 

人類は、天体の一つの、地球の表面にへばり付くだけの木っ端な分際でありながら、戯けたことに宇宙の法則に背き、自らの意志で欲望のままに大なる均衡、調和を乱す。

本来、政治や経済、宗教は、大なる調和をもたらすためにあるのではないか。

それが率先して争いの火種を生んでいる。

 

職場で度重なるパワハラが原因で降格処分された奴がいた。

其奴は、その処遇に不満を抱き、会社の代表者を相手取って裁判を起こした。

己を省みず、自らの手で自らの首を絞める自滅の行為。

ここにも宇宙の法則に反し、職場から淘汰され、自滅の道を辿ろうとする者がいる。

 

人が集まれば、大なり小なり嫌悪したくなるような人間関係が生じる。

上司や同僚、後輩の言動に怒りが込み上げてくると、そのうちどこからともなく声が・・・。

「他人よりも自分を変えろ」

「常に愛を持て」 

今日も調和、調和と胸の内で呟き、職場でやり過ごす。

痛みも喜びも分かち合う

「経済とは本来、共に生き死にを分かち合う仲間が幸せに生きる条件を整えるもの」

「相互扶助や再分配の経済をつくり直し、皆で痛みも喜びも分かち合える社会を取り戻さなくてはいけない」

※「欲望の経済を終わらせる」の著者・井出栄策さん

 

昨年、母と叔母を実家の火災で亡くした著者。

「僕は母子家庭で、母40歳の子。叔母が結婚を諦めて働き、二人が歯を食いしばって育ててくれた。東京の大学にも行けたし、人を疑うより信じられた」

その原点が、弱者を生まない社会を志す信念となっている。

「僕がまともな生き方をしないと、二人の命の価値を下げてしまいますからね」

 

今朝の地元紙に載っていた。

カネ・モノがなくても人として尊重され、地球生命体と調和して、何モノにも怯えることなく堂々と安心して暮らすことができる理想社会とはどんなものなのかと、そんなことを時折考えていた。

凡人であるが故、皆目見当が付かないでいた私に、井出さんは人類が本来目指すべき社会の糸口となるようなものを教えてくれた。

 

後ろ髪

「行ってきます」
「車の運転に気を付けるんだよ」

出勤時の私と母のいつものやりとり。
母は必ず玄関先に出て私を見送る。
母の視線を背に受け、私は「分かったよ」と返事をする代わりに片手を上げて車に乗り込む。
いつもの光景。

この一瞬に想う。
別離と公私の区別がもたらす無常感。
ガラスのカーテンのような無機質な幕が、私と母の間を遮る感覚。
これで終わりかもしれない。
もう会えないかもしれない。
当たり前の日常が当たり前じゃないと知ってから。

「後ろ髪を引かれる」
いつもの朝、禿頭の私が感じる不思議な感覚。
それは、一日一日を悔いなくと。