読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

思いやり込める上書き

『日本人の美学12』時と場所 いつどこで、どのようにのし(熨斗)袋を使うのか。のし袋は思いがけないところで必要になってきます。「のし袋の上書きは御祝、寸志、御霊前の三つだけ知っていれば恥をかくことはない」と発言した人がいてびっくりしたという…