読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

日常の祈り

もう一月前以上に終えた行事だが、古人の祈りの日常が伝わる内容なので掲載した。物が豊かな、便利な世の中に生きる我々だが、果たして何ものにも頼れなくなった時、古人同様、最後の最後は祈ることに尽きるだろう。祈りには力がある、そう思う。 『日本人の…