読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

乾為天(彖伝)

易経

 

彖(たん)に曰く、大いなるかな乾元(けんげん)、万物資(と)りて始(はじ)む。すなわち天を統(す)ぶ。雲行き雨施し、品物(ひんぶつ)形を流(し)く。大いに終始を明らかにし、六位(りくい)時(とき)に成る。時に六竜(りくりゅう)に乗り、もって天を御(ぎょ)す。乾道(けんどう)変化して、おのおの性命を正しくし、大和(だいわ)を保合(ほごう)するは、すなわち利貞(りてい)なり。庶物(しょぶつ)に首出(しゅしゅつ)して、万国ことごとく寧(やす)し。

〔彖伝〕

偉大なるかな、乾元のはたらきは! よろずの物はこれをもととして始められる。言うなれば天道の全体を統べるのが乾の元徳である。この乾元の気はやがて雲となって流行し雨となって降りそそぎ、ここによろずの物もその形体を備えるにいたる。これが乾の亨徳すなわち流通のはたらきである。かくて乾卦においてはきわめて明らかに天道の始終が呈示され、それぞれに時機に応じて六爻の地位が措定(そてい)されている。故に聖人たる者はしかるべき時々に六竜すなわち六爻の陽気にうち乗り、天道を馳駆(ちく)することを得るのである。さらにまた天道は刻々に変化するが、その変化に応じてよろずの物(草木も人間も)は天から稟(う)け与えられたそれぞれの性命を正しく実現し、大自然の調和を保有し和合する。これが乾の利貞の徳である。故に聖人たる者がこの天道にのっとって、衆庶(しゅうしょ)にぬきんでた地位をとり保つならば、万国はことごとく安寧を得るのである。