読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

恥じを知れ

人生

恥(は)ずること無(な)かる可(べ)からず
人不可以無恥『孟子
※平成20年6月2日地元朝刊「金言名言」より。

孟子
人不可以無恥
無恥之恥
無恥矣

孟子曰(い)わく
人は以(もって)恥ずること無かる可からず
恥ずること無きを之(これ)恥ずれば、恥無し

人は恥じる心がなくてはいけない。
恥じる心がないことを恥じるようになれば、人から恥をかかされるようなこともなくなる。

人として、恥じる心がないのが「破廉恥(はれんち)」である。
テレビで頭を下げる輩は破廉恥の末路である。