読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

お正月

お正月 二ねん 野上房雄

お正月には
むこうのおみせのまえへ
キャラメルのからばこ
ひろいに行く
香里の町へ
えいがのかんばん見に行く
うらの山へうさぎの
わなかけに行く
たこはないけど たこはいらん
こまもないけど こまはいらん
ようかんもないけど ようかんはいらん
大きなうさぎが、かかるし
キャラメルのくじびきがあたるし
くらま天ぐの絵がかけるようになるし、
てんらんかいに、一とうとれるし
ぼく
うれしいことばっかしや
ほんまに
よい正月がきよる。
ぼくは、らいねんがすきや。
理論社刊『つづり方兄妹』所収)。

 

「らいねんがすきや」と書いた「ふうちゃん」は、その「らいねん」の春に病死した。
 学校からの帰り道、雨に降られて、傘がなくてびしょぬれにぬれてしまい、肺炎になったのだ。
 この国にこんな時代があったことを、こんな少年がいたことを──いまもいるかもしれないことを──忘れてはならないと思う。

※平成20年1月18日地元朝刊より。