読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

魂の浄化

田舎に帰ると優しくなれる、弟はそう言って頬を緩ませた。

明日は帰るという日、夕食時から弟の様子は違っていた。

寄せる感情を咀嚼しては呑み込む、その反芻の只中にいるものか、いつもより言葉少なだった。

幸せと嬉しさと、哀しみがごちゃ混ぜになってるんだろ。

指でそっと触れただけでも溢れ出そうな感情に。

酒のグラスだけのテーブルで俺たち三人は魂を通わせた。

兄、妹、弟の境界を越え、もっと深いところで繋がった気がした。

 

心配するな。

金も酒も食い物も、幸せの道具。

幸せに遣われて喜んでるよ。

そうしてまた遣ってと舞い込んでくるものさ。

 

渥美清か、いいよな。

ちあきなおみもいい。

演技に、唄に、その人の人生の陰影が感じ取れる。

弟に言われるまで気付かなかった。

お前の心の襞(ひだ)の深さ、豊かさを知ったよ。

いろいろあったんだろ。

悔しかったよな。

堪えたんだよな。

 

いい男になったな。

いい男になった。

 

この家族の一員に生まれ、母、妹、弟と今生過ごせることの喜び、あぁーそれを表す言葉は何だろう。

かけがえのない時をありがとう。

しばらくは優しい気持ちを抱いて他人(ひと)に応じられそうだ。

近いうちまた会える日を楽しみにしているよ。

それまで皆の顔を思い浮かべ、一度きりの日々を大事に生きていこうな。