読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

入院5日目②

「手術になった場合、できれば形成術でお願いしたいんですが、あと運動はどの程度までして大丈夫ですか?」

と、私の問いに対して、

カテーテル検査で判断しましょう。形成術の場合、ワーファリンを服用する必要はないでしょう。運動は問題ないと思うが、問題なのは運動より塩分。運動はフルマラソンするにしても心臓に負担かけるのは2、3時間程度。ところが塩分は身体から抜けるまでずっーと心臓に負担をかけ続ける。まあ、あとで栄養士から説明があるから、食事には充分注意して」

K医師は明快に答え、説明を終えた。

当面、手術の心配はなさそうで安心した。

母、妹も安心していた。

「K先生は親しみやすく、偉ぶってないね。道理で患者が付くはずだよ」

と、二人はK医師をそんなふうに評価した。

同室の患者の話では、カテーテル検査後は4時間の安静と言っていたが、私の場合、入院してから血流を滑らかにする薬(バイアスピリン?)を飲み始めたせいで、6時間は安静にしなければならないとK医師から言われていた。