読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

夢見ているよう

3.11あの日から はだしで家を飛び出して車に家族を押し込んだ。痛えなんて感じねえ。目の前の車乗んのも、はっていくのが精いっぱい。家族を山に避難させて港に走った。津波から船を守るには沖に出すしかねえからね。海水が渦巻いて引いていた。ただごとでね…