読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴念仁の戯言

弁膜症を経て

炎の記憶乗り越えて

『歩み来て、未来へ1』出兵と抑留 シベリアで死者の歌に出合った。生きてて良かったね/わたしみたいにならなくて/小屋の中で焼き殺された/屋根に逃げても弾の雨/日本人のやったこと/日本人のやったこと…1919年3月22日。ロシア革命後の内戦に乗じた「シ…